近田洋一
醍醐聰
普久原均
岩下俊三
岩崎貞明
池田龍夫
桂敬一
亀井淳
河野慎二
小中陽太郎
前坂俊之
仲築間卓蔵
梅田マサキ
丸山重威
歌川学
get_flash_player

このサイトは一部、Flashを使用ています。
上のバナーをクリックすると最新版の Adobe Flash Player をダウンロードすることができます。

 

2016年7月~

 

825 海外旅行・スペイン、ポルトガル(1996年)① 16/07/02

826 通じなかった「日本人だ。撃たないで!」 16/07/03

827 海外旅行・スペイン、ポルトガル(1996年)② 16/07/06

828 日本で国民投票がやられたら 16/07/07

829 海外旅行・スペイン、ポルトガル(1996年)③ 16/07/08

830 野党共闘は今後が大事 16/07/12

831 海外旅行・スペイン、ポルトガル(1996年)④ 16/07/14

832 野党共闘への連合の姿勢を憂慮する 16/07/15

833 海外旅行・スペイン、ポルトガル(1996年)⑤ 16/07/17

834 反原発が嫌だから自主投票? 16/07/19

835 海外旅行・ベトナム(1996年)① 16/07/20

836 トランプ氏の米大統領候補指名に思う 16/07/22

837 海外旅行・ベトナム(1996年)② 16/07/24

838 韓国労総の10万人一斉ストに思う 16/07/26

839 海外旅行・ベトナム(1996年)③ 16/07/29

840 年金積立金の株式運用は即座に止めよ 16/07/30

841 海外旅行・トルコ(1997年)① 16/07/31

842 革新チームの体力づくりが課題 16/08/03

843 海外旅行・トルコ(1997年)② 16/08/04

844 殺された被害者の名をなぜ出さないのか 16/08/06

845 海外旅行・フランス(1998年)① 16/08/08

846 狙い撃ちされる憲法24条 16/08/09

847 海外旅行・フランス(1998年)② 16/08/10

848 天皇の「務め」とはなんだ 16/08/12

849 海外旅行・フランス(1998年)③ 16/08/14

850 人並みに墓参りをしてきた 16/08/16

851 海外旅行・フランス(1998年)④ 16/08/18

852 空疎な厚労省「懇談会」報告書 16/08/20

853 海外旅行・北京(1999年)① 16/08/21

854 たまたま会も本ブログもよく続いたね 16/08/23

855 晩夏の下北半島を巡ってきた 16/08/27

856 海外旅行・北京(1999年)② 16/08/29

857 麻生太郎の放言に思う 16/09/01

858 海外旅行・イタリア北部(1999年)① 16/09/05

859 震災、原発から5年半の福島へ行ってきた 16/09/09

860 海外旅行・イタリア北部(1999年)② 16/09/11

861 原発テロ防止に作業員の身元調査? 16/09/13

862 海外旅行・イタリア北部(1999年)③ 16/09/16

863 ますます固まる沖縄新基地絶対阻止 16/09/17

864 福岡高裁那覇支部多見谷裁判官に注目 16/09/18

865 海外旅行・イタリア北部(1999年)④ 16/09/23

866 海外旅行・イタリア北部(1999年)⑤ 16/09/24

867 海外旅行・タイ(2000年) 16/09/27

868 労働者は終身雇用と平等社会を志向している 16/09/28

869 海外旅行・韓国(2000年) 16/10/01

870 三宅洋平と安倍夫人の高江行きに思う 16/10/03

871 海外旅行・ハンガリー(2001年)① 16/10/05

872 比大統領の発言は確かに「暴言」だが 16/10/08

873 海外旅行・ハンガリー(2001年)② 16/10/10

874 新潟県知事選での米山必勝を祈念 16/10/13

875 朝日新聞「危機」を叫ぶ週刊誌に思う 16/10/15

876 海外旅行・ハンガリー(2001年)④ 16/10/17

877 日露領土交渉と浅田次郎「終わらざる夏」 16/10/20

878 海外旅行・ハンガリー(2001年)⑤ 16/10/23

879 連合の評判が悪いのは当然だが 16/10/26

880 海外旅行・韓国(2001年) 16/10/29

881 昨今の電通叩きと荒川恒行さん 16/10/31

882 海外旅行・ハワイ(2002年) 16/11/01

883 同期入社の鈴木章夫を悼む 16/11/05

884 最後の楽園バリ島から① 16/11/08

885 最後の楽園バリ島から② 16/11/09

886 最後の楽園バリ島から③ 16/11/11

887 日本のトランプ観はあいまいなのでは 16/11/16

888 海外旅行・バリ島(2002年)① 16/11/19

889 豊友会はおれのライフワーク 16/11/21

890 海外旅行・バリ島(2002年)② 16/11/24

891 横山秀夫「64(ロクヨン)」を読んだ 16/11/26

892 海外旅行・韓国ー慶州(2003年)① 16/11/27

893 トランプ当選へのサンダース議員の提言 16/11/29

894 海外旅行・韓国ー慶州(2003年)② 16/12/01

895 殿堂入り、清原ダメで原はパス? 16/12/02

896 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)① 16/12/04

897 自民党、連合の政策協議に思う 16/12/07

898 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)② 16/12/11

899 トランプに約束?カジノ法案成立 16/12/15

900 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)③ 16/12/16

901 TPP路線を走るメディアと連合 16/12/17

902 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)④ 16/12/20

903 話にならない政府「指針」 16/12/23

904 海外旅行・済州島(2003年) 16/12/25

905 海外旅行・韓国(2004年) 16/12/27

906 からだがだんだんこわれていく 16/12/29

 

2007年01月~

 

907 米資本の巨大倉庫店に行って驚いた 17/01/03

908 海外旅行・パリ(2005年)① 17/01/04

909 正月雑感 17/01/07

910 海外旅行・パリ(2005年)② 17/01/08

911 時の権力と癒着した組合の末路 17/01/09

912 海外旅行・パリ(2005年)③ 17/01/11

913 40年前の新聞労連「統一スト」 17/01/13

914 海外旅行・パリ(2005年)④ 17/01/15

915 沖縄誹謗のMXテレビ問題の本質 17/01/20

916 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)① 17/01/21

917 米国で裁かれる原発事故「トモダチ作戦」 17/01/22

918 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)② 17/01/25

919 「壁」で思い出すこと 17/01/28

920 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)③ 17/01/29

921 草津・四万(しま)温泉の夫婦旅 17/02/02

922 明乳に労使協議を強制する中労委命令を 117/02/05

923 海外旅行・韓国(2005年) 17/02/08

924 「共謀罪」から連想したこと 17/02/11

925 海外旅行・ハンガリー(2006年)① 17/02/13

926 自分勝手な大企業トップの経営談義 17/02/15

927 明乳事件の中労委命令に思う 17/02/19

928 海外旅行・ハンガリー(2006年)② 17/02/20

929 獰猛な腰痛に泣く私です 17/02/23

 戸塚章介 (元東京都労働委員会労働者委員)獰猛な腰痛に泣く私です 17/02/23

[明日のうた]より転載


 

 

 獰猛な腰痛に泣く私です 17/02/23

 戸塚章介 (元東京都労働委員会労働者委員)

 


 今日の午前、五香駅前の整骨院に行ってきた。2日続けての通院である。暮れに痛くなった右腰が正月にはだいぶよくなって、OB会の千寿七福神巡りでは約1万歩けた。1月31日~2月2日の草津、四万温泉旅行も支障なく行けた。ところが7日、マスコミ九条の会エデュカス東京の集会で市ヶ谷駅から坂道を登っているときイヤな違和感を感じた。集会終了後一杯飲んで、帰りの電車が立ち通しで辛かった。

 

 10日頃から獰猛な痛さが襲ってきた。駅の階段、特に下りが手摺りにすがっても脂汗がでる。夜、布団の上でで寝返りができない。朝は起き上がるのに5分も苦闘。腰をかがめて痛さをこらえやっと歩く。座っていると痛みが薄くなるので、始終パソコンに向かっている。それが余計いけないらしい。

 

 都内に出かける会議は基本的に欠席するようにしているが、前からの約束でどうにもならない用事もある。18日は孫の誕生祝いで横浜まで行ったが、女房頼りだった。21日はおれが主宰する会議が神保町であって、水道橋から這うようにして目的地へ向かった。酒を飲むと少し痛みが和らぐ。

 

 昨22日とうとう我慢しきれずに女房が2年前に通院していた整骨院に、女房の車に乗せられ連れて行かれた。なかなか明るい病院で、若い男性の整骨師(と言うんだろうな)がきびきびと応対。急患扱いで診てくれた。患部にちょっとさわって「物凄く硬いですね」と言って指圧とマッサージをしてくれた。

 

 この整骨院にはベッドが10台もあり、5~6人の男性整骨師が治療に当たっていた。もちろんおれのような年寄りもいるが、結構若い患者もいる。乳母車の赤ちゃんをそばに置いて腰をマッサージしている若いお母さん。一見して飲食店経営と分かる中年の男性もいた。肩痛、腰痛は国民病なのかな。

 

 2日連続でマッサージしてもらったのだが、痛みは変わらない。次は土曜日の午前の予約だが、鍼治療をやるかどうかの決断を迫られている。明日は新聞九条の会幹事会だからどうしても本郷まで行かねばならない。湯島からタクシーか、お茶の水から地下鉄丸ノ内線か。いずれにしても本郷まで歩くのは無理だ。

 

 明日の様子を見てからだが、やはり鍼治療を決断しなければならないかなと思っている。正月、腰痛が軽くなった時に娘の正子に言われて3月6日~9日の韓国旅行を約束した。正子はすぐ女房と3人分の予約をした。飛行機は大丈夫だと思うが、向こうでの移動が心配だ。一か八か鍼治療に賭けてみるか。