近田洋一
醍醐聰
普久原均
岩下俊三
岩崎貞明
池田龍夫
桂敬一
亀井淳
河野慎二
小中陽太郎
前坂俊之
仲築間卓蔵
梅田マサキ
丸山重威
歌川学
get_flash_player

このサイトは一部、Flashを使用ています。
上のバナーをクリックすると最新版の Adobe Flash Player をダウンロードすることができます。

 

2016年10月~

869 海外旅行・韓国(2000年) 16/10/01

870 三宅洋平と安倍夫人の高江行きに思う 16/10/03

871 海外旅行・ハンガリー(2001年)① 16/10/05

872 比大統領の発言は確かに「暴言」だが 16/10/08

873 海外旅行・ハンガリー(2001年)② 16/10/10

874 新潟県知事選での米山必勝を祈念 16/10/13

875 朝日新聞「危機」を叫ぶ週刊誌に思う 16/10/15

876 海外旅行・ハンガリー(2001年)④ 16/10/17

877 日露領土交渉と浅田次郎「終わらざる夏」 16/10/20

878 海外旅行・ハンガリー(2001年)⑤ 16/10/23

879 連合の評判が悪いのは当然だが 16/10/26

880 海外旅行・韓国(2001年) 16/10/29

881 昨今の電通叩きと荒川恒行さん 16/10/31

882 海外旅行・ハワイ(2002年) 16/11/01

883 同期入社の鈴木章夫を悼む 16/11/05

884 最後の楽園バリ島から① 16/11/08

885 最後の楽園バリ島から② 16/11/09

886 最後の楽園バリ島から③ 16/11/11

887 日本のトランプ観はあいまいなのでは 16/11/16

888 海外旅行・バリ島(2002年)① 16/11/19

889 豊友会はおれのライフワーク 16/11/21

890 海外旅行・バリ島(2002年)② 16/11/24

891 横山秀夫「64(ロクヨン)」を読んだ 16/11/26

892 海外旅行・韓国ー慶州(2003年)① 16/11/27

893 トランプ当選へのサンダース議員の提言 16/11/29

894 海外旅行・韓国ー慶州(2003年)② 16/12/01

895 殿堂入り、清原ダメで原はパス? 16/12/02

896 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)① 16/12/04

897 自民党、連合の政策協議に思う 16/12/07

898 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)② 16/12/11

899 トランプに約束?カジノ法案成立 16/12/15

900 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)③ 16/12/16

901 TPP路線を走るメディアと連合 16/12/17

902 海外旅行・ポーランド、ハンガリー(2003年)④ 16/12/20

903 話にならない政府「指針」 16/12/23

904 海外旅行・済州島(2003年) 16/12/25

905 海外旅行・韓国(2004年) 16/12/27

906 からだがだんだんこわれていく 16/12/29

 

2007年01月~

907 米資本の巨大倉庫店に行って驚いた 17/01/03

908 海外旅行・パリ(2005年)① 17/01/04

909 正月雑感 17/01/07

910 海外旅行・パリ(2005年)② 17/01/08

911 時の権力と癒着した組合の末路 17/01/09

912 海外旅行・パリ(2005年)③ 17/01/11

913 40年前の新聞労連「統一スト」 17/01/13

914 海外旅行・パリ(2005年)④ 17/01/15

915 沖縄誹謗のMXテレビ問題の本質 17/01/20

916 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)① 17/01/21

917 米国で裁かれる原発事故「トモダチ作戦」 17/01/22

918 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)② 17/01/25

919 「壁」で思い出すこと 17/01/28

920 海外旅行・ロシア、ブルガリア(2005年)③ 17/01/29

921 草津・四万(しま)温泉の夫婦旅 17/02/02

922 明乳に労使協議を強制する中労委命令を 117/02/05

923 海外旅行・韓国(2005年) 17/02/08

924 「共謀罪」から連想したこと 17/02/11

925 海外旅行・ハンガリー(2006年)① 17/02/13

926 自分勝手な大企業トップの経営談義 17/02/15

927 明乳事件の中労委命令に思う 17/02/19

928 海外旅行・ハンガリー(2006年)② 17/02/20

929 獰猛な腰痛に泣く私です 17/02/23

930 海外旅行・ハンガリー(2006年)③ 17/02/26

931 露骨!自衛隊駐屯地の見学ツアー 17/03/02

932 海外旅行・ハンガリー(2006年)④ 17/03/04

933 宅急便職場の過重労働と「通販」の横暴 17/03/06

934 海外旅行・第1回バリわくわく旅行(2007年) 17/03/08

935 ますます酷くなる腰の痛み 17/03/10

936 海外旅行・南フランス(2007年)① 17/03/12

937 労働尊重特別市を宣言したソウル市長 17/03/14

938 海外旅行・南フランス(2007年)② 17/03/16

939 国有地安売りの理財局長が大出世 17/03/18

940 海外旅行・南フランス(2007年)③ 17/03/20

941 聞け!過労死遺族の悲痛な叫びを 17/03/22

 戸塚章介 (元東京都労働委員会労働者委員)聞け!過労死遺族の悲痛な叫びを 17/03/22

[明日のうた]より転載


 

 

 聞け!過労死遺族の悲痛な叫びを 17/03/22

 戸塚章介 (元東京都労働委員会労働者委員)

 


  月100時間の過労死ラインを認める「労使合意」が大問題になっている。全労連をはじめ労働組合、労働弁護団はもちろん、一番声高く怒っているのは過労で家族を亡くした遺族の方々だ。3月15日に開かれた労働弁護団主催の集会で「東九州過労死を考える家族の会」の桐木弘子さんは悲痛な声をあげた。

 

 「私は9年前、過労自死で、23歳の息子を亡くしました。大手自動車会社の整備士だった息子は、転勤後わずか4カ月半後に、『工場長、使えない人間で、すみませんでした』という遺書を残して、自ら命を絶ちました。繁忙期の一番忙しい時期に転勤させられ、息子は戦力として働かされて、重大なミスをおかしてしまいました。周りの支援もなく、自信をなくして、精神疾患を発症したあげくの自死でした。

 

 自分の命にかえても守りたいと思って必死に育てた我が子が、仕事が原因で自死するときの衝撃は想像を絶するものでした。最愛の我が子を救えなかった自責の念と絶望、喪失感など、とても言葉で言い表せない苦痛でした。子どもに先立たれた母親の悲嘆が一番大きいと言われていますが、もっと苦しくつらかったのは息子本人です。死を決心したとき、どれだけ苦しんだのか、死を決行したときどれだけ痛かったのか。仕事から逃れる方法がそれしか思い浮かばなかった息子がかわいそうで今でも胸が詰まります。

 

 国会では、時間外労働の上限を繁忙期に100時間まで認めるという恐ろしい法律が制定されようとしています。たとえ100時間未満ととりつくろっても99時間と100時間にどれだけの違いがあるのでしょうか。この法案を通そうとしている人たちは、100時間の時間外労働がどれだけ過酷なものか認識しているのでしょうか。

 

 過労自死は、仕事が原因でうつ病に罹患することによって死に至ります。過労死ラインを合法化し、死ぬかも知れないとわかっている労働時間を働かせたあげく、死なせることがあれば、まさに殺人であると私は考えます」(「弁護士ドットコム」で紹介された集会アピールより)。

 

 おれたちが労働組合運動に首を突っ込んだ時、一番最初に目にしたスローガンは「職場を基礎に、いのちとくらしを守ろう」だった。過労死ラインを認めるろ「労使合意」には、職場労働者の苦痛も、いのちの大切さも感じられない。これはまぎれもなく社会の退行であり、組合存立の意義の喪失であるとおれは思う。