梅田正己/編集者/「天皇メッセージ」をどう読むか 16/08/13

 


         「天皇メッセージ」をどう読むか

 

                       梅田 正己(編集者)

 

 さる8月8日の「天皇メッセージ」についての各メディアの報道は、その重点をもっぱら「生前退位」に置いていた。天皇の意向がそこに向けられていたことはたしかだが、メッセージにこめられた“歴史的”ともいえる意味は、それだけにはとどまらないように思われる。
  日本国憲法第1条では、「天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であって」と規定されている。
  では、この「象徴」とは具体的には何をいうのか?
  敗戦の翌1946年の5月から始まった制憲議会において、このことは議論の的となった。その中での憲法担当国務大臣・金森徳次郎の答弁がよく知られている。
  金森は、「天皇は国民のあこがれの中心」だと答えたのだった。
  昭和天皇はこの年、46年2月から早くも全国巡幸を開始している。神奈川、東京から始まって群馬や埼玉、さらに静岡、愛知まで年内に訪れている。その訪れた先々で、天皇は熱狂的な大群衆に囲まれた。そうした光景から、金森は「あこがれの中心」と言ったのかも知れない。しかし憲法に書かれている用語の定義としては、あまりにも漠然としている。

 

 日本国憲法下の初代の天皇は、言うまでもなく昭和天皇である。しかし生年1901年の昭和天皇は終戦時すでに44歳だった。つまり前半生は、大日本帝国憲法の「神聖不可侵」で「国の統治権を総攬する」「大元帥」、「現人神」だった。軍服姿が背広姿に変わっても、過去の天皇観はそう簡単に切り替わるものではない。
  たとえばここに雑誌『文藝春秋』の1985年3月号がある。そのメインの記事は、林健太郎、山本七平、渡辺昇一の3氏による座談会であるが、そのタイトルはこうだった。
  ――「大帝ヒロヒトの時代」。
  在位60年を記念しての記事だったが、「明治大帝」に次いで昭和天皇も「大帝」となったのである。
  戦後40年たってもこうしたイメージがぬぐえなかった昭和天皇にとって、その後半生を新憲法下の「象徴」として生きることはきわめて困難だったにちがいない。
  その点、敗戦時までの幼少年期を戦争の時代に過ごし、13歳で新憲法の施行を迎えた現天皇は、最初から「象徴天皇」として生きることを宿命づけられた。当然、「象徴」とは何か、「象徴としての天皇」とはいかなる天皇像をさすのか、その難題に、自己の存在(レーゾン)存在 (レーゾン)理由(デートル)理由(デートル)の根幹にかかわる問題として向き合わざるを得なかったであろう。
  日本国憲法には、第7条に天皇の行う国事行為が列挙されている。
  しかし、たとえば法律や条約の公布、国会の召集、総選挙の公示、大臣の任免、大使等への信任状や外交文書の認証、栄典の授与などを、内閣の助言を受けてこなすだけで、「日本国民統合の象徴」としての役割が果たせるものだろうか。答えは考えるまでもない。
  では、いかなる行動・行為をとることによって天皇は「国民統合の象徴」となり得るのか。天皇の胸には、この難問がわだかまっていたにちがいない。
  そうして問い続けた結果、見つけ出し、実践した「象徴天皇」としての「役割」を、天皇は今回の「メッセージ」で伝えたのである。一部を引用すると――

 

 「即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごしてきました。」
  「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えてきましたが、同時に事にあたっては時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えてきました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じてきました。」
  「これまで私が皇后と共に行ってきたほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。」

 

 引用の中で「務め」という言葉が2度使われている。先に引用した憲法第1条の天皇についての規定のうち「日本国の象徴」はその「地位」を示し、「国民統合の象徴」はその「役割」を指しているとすると、天皇は「地位」よりも「役割」を重視しているように思われる。
  というより、「国民統合の象徴」としての役割を十全に果たしてこそ、天皇はその「地位」を認められると考えられているのである。
  「象徴」とは何かということについては、国会での政府答弁が前記の金森答弁をはじめいくつもある。しかしいずれも憲法の条文をなぞったような抽象的な答弁で終わっている。政府と同様、国民もまた「象徴とは何か」について正面から問うことはなかった。
  そうした中で、天皇みずからが問いつづけ、模索しつづけて、天皇の存在する意味は、「国民の傍らに立ち、国民を思い、国民のために祈る」という、その「務め」にある、と確信したのである。
  したがって、高齢化によってその務め(役割)を十全に果たせなくなったときは、天皇はその「地位」にとどまることはできない、と考えられたことも“論理的”に理解できる。

 

 ところがここに問題が生じる。皇室典範には、「天皇が崩じたときは、皇嗣(注・皇位継承者)が、直ちに即位する」とあり、皇位継承は天皇逝去の場合だけとなっていて天皇の生前の譲位を禁じられているからだ。
  この生前譲位の禁止は、1889(明治22)年、帝国憲法の公布と同日に制定された旧皇室典範を引き継いでいる。そしてこの生前譲位の禁止の条項は、当時の首相・伊藤博文の強硬な主張によって定められたという。
  明治維新において大久保利通や木戸孝允らとともに、当時まだ16歳だった明治天皇を「神権天皇」として国家の頂点に立て、自分たちはその「神権」の代理執行者となって新たな絶対主義国家をつくっていった伊藤にしてみれば、重要なのは天皇の存在そのものであって、その役割などではなかったのである。
  天皇の役割といえば、これも伊藤が中心的起草者となってつくった帝国憲法では、天皇は「国の統治権を総攬す」となっており、その役割はいわば無限大だったともいえる。無限大ということは、なかった、というに等しい。つまり必要なのは、あらゆる政治的・思想的価値の源泉である、天皇の存在だけだったのである。
  しかし新憲法によって、天皇は「象徴」となり、国政に関与することをいっさい禁じられた。では、天皇はいかなる行為・行動によって「象徴」としての存在理由を確保できるのか。その「答え」を、天皇みずから国民に対して直接語ったのが、今回の「ビデオ・メッセージ」だったのである。
  新憲法の公布から70年、その第1条にあって、しかも歴代政府がその定義をあいまいにしか語れず、国民もまた正面から問うことのなかった「象徴」の意味と役割を、天皇みずからが語った今回のメッセージは、私にはまさに“歴史的”な出来事だったと思われる。

                                               (2016・8・11)

 


 

このページのあたまにもどる

 

 

 

 

2016

85 北朝鮮ミサイル発射問題をめぐる常識的な疑問 16/02/08

86 熊本地震の現実の「恐怖」と北朝鮮の幻の「脅威」16/04/23

87 「天皇メッセージ」をどう読むか 16/08/13

 

2015

80 歴史に刻まれ、歴史を動かす――翁長知事発言 15/04/15

81 「歴史」を消したい安倍政権 15/06/23

82 「70年談話」歴史観の根本的欠陥 15/08/15

83 読売は民主主義に敵対するのか 15/09/01

84 毎日、朝日、共同電話世論調査 15/09/21

 

2014

76 安倍首相「安保法制懇」報告の新「事例」を検証する 14/05/17

77 集団的自衛権容認の「閣議決定」―官僚作文のウソとゴマカシ 14/07/04

78 沖縄知事選が示す意味―沖縄の動向が日本政治の方向舵となる 14/10/30

79 沖縄知事選から何を学ぶか 14/11/28

 

 

2013

70 朝日「社説」の戦後史認識 13/01/08

 ☆山崎さんの感想⇒PDF(13/01/12 up)

71 沖縄全41市町村長・議長
「建白」上京行動の歴史的意味
13/02/02

72 イラク戦争開始から10年―集団的自衛権よりも戦争加担の検証を! 13/03/23

73 北朝鮮ミサイル騒ぎのデマと真実 13/04/20

74 近代日本の戦争は琉球で始まり、沖縄で終わった 13/08/15

75 2013年11月26・27日――眼前で進行する「民主主義の圧殺」2件 13/11/29

 

2012archives

63 沖縄海兵隊のグアム移転――8000人がなぜ「4700人」になったのか? 12/02/09

64 米国、海兵隊グアム移転費、さらに増額要求――この国はどこまでなめられるのか 12/03/16

65 朝日はだれの立場に立っているのか?――国会原発事故調での菅前首相の参考人発言をめぐって 12/05/29

66 国会事故調での「菅前首相証言」をどう報じたか――ニューヨークタイムズと毎日新聞 12/06/02

67 ■オスプレイの配備と訓練の問題――ハワイでできることが、沖縄でなぜできない? 12/10/02

68 普天間を封鎖した4日間 12/11/14

69 本質を見失った北朝鮮ミサイル報道――「米朝直接対話」への世論の喚起を 12/12/13


 

2011archives

56ウソも方便、 「抑止力」 は方便―「鳩山証言」 から見えるもの―11/02/16

 

57語るに落ちた! 米国務省メア日本部長のホンネ 11/03/10

58東北関東大震災から何が見えるか「虚構の脅威」 から 「現実の脅威」 へ――日本の 「安全保障」 を根底から考えなおす11/03/24

59 ビンラディン殺害と 「アメリカの正義」11/05/05

60 原発をどうするか、 「プロの政治家に任せろ」だって?! 11/07/08

61 メディアの“菅たたき”は何だったのか? 11/08/14

62 TPP――メディアこそが問われている 11/11/12

 

 

2010archives

46普天間問題と米軍グアム統合計画ーメディアはいつ眠りから醒めるのか―10/02/12

47普天間問題 ウソとまやかしの元米国防総省・日本部長の寄稿
朝日は今なぜこんな主張を掲載するのか?
10/02/27

48普天間=グアム移転問題

メディアがやっと伝えたと思ったら10/04/02

49続 ・ 普天間=グアム移転問

朝日は何を考えているのか?10/04/05

50ピンチの鳩山内閣は見世物か?

―メディアがいまだに報道せぬ 「米軍グアム統合計画」 ―10/04/17

51学問の退廃とマスコミの劣化―毎日新聞掲載 「伊藤博文と韓国併合」 上下を読む―10/07/19

52政権は代わっても 「防衛力」 は着々と増強するのだ

―「専守防衛」 をますます離脱する新安保懇の報告書―10/09/01

5311月沖縄知事選の最大の争点は、「日米安保をどうとらえるか」 ということ10/11/09

54日本のメディアが伝えない軍事超大国の実像―新刊 『戦争依存症国家アメリカと日本』 紹介―10/11/30

55/NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 第2部・第1回を見て―歴史の文脈を無視した 「歴史ドラマ」―10/12/08

 

2009archives

37新聞への期待と失望 ――年頭の新聞を読んで09/01/04

38ソマリア沖海賊問題 海賊対策の専門官庁・海上保安庁を跳び越して なぜすぐ「自衛隊派遣」に跳びつくのか?09/01/28

39再々ソマリア沖自衛艦派遣問題 今からでも遅くないメディアは海上保安庁の取材を! 09/03/18

40/横浜事件・第4次請求再審公判・判決「主文」は「免訴」

―しかし実質的には「無罪」判断を明示「法的な障害」さえなければ…と―09/04/05

41/前田哲男氏の緊急提言『 「従属」 から 「自立」 へ――日米安保を変える』を火付け役に、今こそ国民的議論を!09/06/04

42米国の恫喝と圧力に屈するまい
  ――M・グリーン米戦略国際問題研究所・日本部長の意見を読む
09/08/29

43ベストセラー『それでも、 日本人は 「戦争」 を選んだ』 と 「田母神史観」09/10/08

44NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」批判
「東アジア共同体」形成が語られる今、
NHKは「帝国主義史観」のドラマ
――こともあろうに「韓国併合から100年」にぶっつけて
09/11/26

45普天間問題で鳩山つぶしにかかった大新聞09/12/18

 

2008 archives

26この日本に イージス艦が 本当に必要なのか? /08/02/21

27日本の国際協力に武力はどこまで必要か/08/03/29

28沖縄「集団自決」裁判(大江・岩波訴訟)  近頃まれに見る理性的判決/08/04/0

29 4・17 名古屋高裁「違憲判決」 イラク特措法の中に 9条は生きていた /08/04/20

30日中共同声明の「言葉」 ――胡錦濤来日の成果は「パンダの貸与」だけだった? 08/05/14

31四川大地震   自衛隊機派遣にみる“歴史健忘症”/08/06/04

32【米国、北朝鮮「テロ支援国家」指定の解除へ】

歴史の水脈を見失うな/08/07/03

33これが本土と沖縄の“温度差”?!―本土メディアが無視した「集団自決」控訴審の結審と判決日予告―08/09/14

34 戦争指導者の本質――東条英機の直筆メモを読んで08/08/16

35米国、「北朝鮮テロ指定国家」解除!―なんでメディアは歓迎しないのか―08/10/16

36横浜事件・再審裁判  再審申し立てから22年 ついに「実質無罪」決定――「史上最大の言論弾圧事件」は“虚構”と判定/08/11/08

 

2007 archives

15自民党「新憲法草案」の見せかけと中身――空虚なキャッチフレーズに誤魔化されまい/07/01/20

16憲法は「単なる道具」なのか?――枝野・民主党憲法調査会長の「憲法認識」を問う/07/02/01

17カギはやはり米朝直接協議だった 、半世紀の歴史的懸案、ついに解決へ!/07/02/20

18自衛隊海外派兵のための"中核部隊" 新たな日米同盟の"シンボル的戦闘集団"「中央即応集団」、いよいよ発足!/07/03/23

19「特殊部隊」を「PKO協力隊」にすりかえた朝日の大型解説記事/07/06/27

20“ヒゲの隊長”の「超法規発言」07/08/17

21安倍政権は日本国民に何を遺したか07/09/26

22朝鮮半島・南北首脳会談を見る眼07/10/09

23沖縄県知事の怒り/07/11/01

24武力行使抑制の法体系 /07/12/06

25疑問の提出を忘れた マスメディア ――海上「ミサイル防衛」迎撃実験成功の報道に対して /07/12/26

 

2005〜2006 archives

19条改悪の前に、日米安保条約の実質改定が進んでいる!/ 05/12/10

2マスコミの「米軍再編」報道と、緊急出版『沖縄は 基地を 拒絶する』 / 06/01/01

3九条は白骨の丘の上に立てられた道しるべ/06/02/14

4/政府「御用新聞」の岩国住民投票報道/06/03/15

5「米軍再編」は単独で進行しているのではない/06/04/04

6辺野古――「合意」のたびに基地が大きくなる/06/04/15

7日米同盟の「変革と再編」で突き進む日米両軍の一体化/06/05/1

8歴史健忘症のつどう国会/06/06/01

9米軍再編」問題の本質は何か/06/06/15

10「史上最も成熟した日米関係」とは何か/06/07/03

11政府主導でつくられた「北朝鮮のミサイル危機」/06/07/18

12小泉政治5年間が残したもの/06/09/01

13「もしも北朝鮮が日本に攻めてきたら、どうするの?」と訊かれたら/06/09/18

14 防衛「省」法案とともに、自衛隊法も改変、 自衛隊の「定義(基本性格)」が変えられる!/06/12/04

 

 

 

get_flash_player

このサイトは一部、Flashを使用しています。
上のバナーをクリックすると最新版の Adobe Flash Player をダウンロードすることができます。