mizukubo
近田洋一
醍醐聰
普久原均
岩下俊三
岩崎貞明
池田龍夫
桂敬一
亀井淳
河野慎二
小中陽太郎
前坂俊之
仲築間卓蔵
梅田マサキ
丸山重威
歌川学
get_flash_player

このサイトは一部、Flashを使用しています。
上のバナーをクリックすると最新版の Adobe Flash Player をダウンロードすることができます。

 

2016年10月~

683 国会の〝総立ち拍手〟の裏に…… 16/10/02

684 樹木は生きている--伐採に反対する 16/10/05

685 日弁連の死刑制度廃止提案を考える① 16/10/08

686 日弁連の死刑制度廃止提案を考える② 16/10/10

687 日弁連の死刑制度廃止提案を考える③ 16/10/11

688 日弁連の死刑制度廃止提案を考える④ 16/10/12

689 日弁連の死刑制度廃止提案を考える⑤止 16/10/13

690 「原発事故同意書」、強制労働に抵触しないか 16/10/17

691 晩秋の尾瀬ヶ原① 16/10/18

692 晩秋の尾瀬ヶ原② 16/10/19

693 晩秋の尾瀬ヶ原③止 16/10/20

694 それでもつらい、大川小学校判決 16/10/26

 

2017年1月~

695 不透明の時代① 17/01/04

696 不透明の時代② 17/01/06

697 不透明の時代③ 17/01/09

698 不透明の時代④止 17/01/11

699 〝ポスト真実〟① 17/01/17

700 〝ポスト真実〟② 17/01/18

701 〝ポスト真実〟③止 17/01/19

702 正気の沙汰ではない 17/01/27

703 「一行」編94(2016年7月) 17/01/27

704 「一行」編95(2016年8月) 17/01/30

705 「一行」編96(2016年9月) 17/01/30

706 「一行」編97(2016年10月) 17/01/31

707 日本はどうなる? 「終末時計」 17/02/01

708 戦争と共謀罪① 17/02/02

709 戦争と共謀罪② 17/02/04

710 戦争と共謀罪③止 17/02/06

711 拝啓、石原慎太郎元東京都知事 様 17/02/08

712 アスペルガー症候群 17/02/09

713 なるほど「アッキード事件」 17/03/02

714 「生きていること」の大切さ 17/03/03

715 首相夫人は「公人」である 17/03/08

716 東日本大震災あれから6年 17/03/11

717 途切れた森友学園ナマ中継 17/03/11

718 塞ぎ始めたか? 17/03/12

719 去るも地獄、残るも地獄…… 17/03/18

720 豊洲はアウトだ! 17/03/19

721 古くから稀なるもの  17/04/16

722 韓国訪問レポート① 最高の案内人・植村隆さん   17/04/17

723 韓国訪問レポート② 記憶されない歴史は繰り返される  17/04/18

724 韓国訪問レポート③ アベさんを辞めさせてほしい    17/04/19

725 韓国訪問レポート④ 人権博物館と平和の碑(少女像) 17/04/20

726 韓国訪問レポート⑤ 改めて考えたい問題の根源 17/04/24

727 韓国訪問レポート⑥ ソウルあれこれ  17/04/25

728 責任の取り方、首相より復興相の辞任のほうが分かりやすい 17/04/26

729 「失言」はNGで「虚言」はOKなのか?  17/04/27

730 国道6号の第4回放射線量調査報告 17/04/30

731 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー①   17/05/02

732 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー②   17/05/03

733 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー③  17/05/06

734 失言・虚言より悪質な言論封殺の首相発言   17/05/09


水久保文明 (JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記) 

「ヘボやんの独り言」より転載

   

 

失言・虚言より悪質な言論封殺の首相発言   17/05/09

 

 

 実に情けない。これが政治家を自認している人の言葉か。笑うに嗤えず、怒りさえ覚える。

                   ◇
 「自民党総裁としての考え方は読売新聞に相当詳しく書いてあるから、ぜひ熟読していただきたい」「党総裁としての考えをここで縷々述べるべきではなく、そこで知っていただきたいということ。その中で、草案との考え方についても説明している。そもそも、新聞記事などを発端に質問をされている」
                   ◇

 きのうの国会で民進党の長妻昭議員の質問へのアベ答弁である。

 新聞記事などを発端にした質問だから新聞を読め。そうすれば質問する必要はないし答弁も必要ない、と言っているのである。しかも国会で読売新聞の大宣伝をやってくれた。やはりあの人は読売の広告塔だった。読売新聞が政府・自民党の広報紙的役割を果たしていることに強く納得。こういうのを相思相愛、というのか。それとも忖度した上での阿吽(あうん)の呼吸か。

 野党は「国会軽視」であるとして一斉に反発している。当然だ。こういう手法が許されるのなら、国会はいらない。新聞紙上や出版物で自らの主張や考えを述べることは、言論・表現の自由である。その意見に対して、質問をすることもまた自由である。

 が、今回の問題は実に深刻だ。よく考えてみると長妻議員の質問をアベさんは封じたことになるからだ。つまり、自分の自由は保障しながら、相手の質問の自由を切って捨てたのである。これはもっとよく考えてみると、ファッショである。

 つい先日、小ブログで「失言」と「虚言」の問題を書いた。失言も虚言もある意味「言論・表現の自由」の範疇に入る。だからと言って、何でもOKではない。政治家、とりわけ大臣の席に座った人は、国の代表なのだから発言には責任がついて回る。(平気な人もいるが)だから大臣としての資質を問われ、失言した場合、辞任を求められるのだ。虚言が問われないのは釈然としないが……。

 今回のアベ発言は、失言や虚言よりも悪質である。言論を封殺したからだ。フランスで新大統領が誕生したとき「(新大統領とともに)平和や自由、民主主義を守る」と言ったその日の、いわば舌の根も乾かない時間差の答弁だった。この言葉自体がウソだったのだ。

 この人はもう何枚のレッドカードを突き付けられただろうか。「嘘つき総理大臣」は、即刻退場しかない。


★脈絡のないきょうの一行
忖度させる典型。首相夫人との記念撮影提示は、効果てきめん。やるねー、籠池さん。

 

 

 


 

 

このページの先頭へ