mizukubo
近田洋一
醍醐聰
普久原均
岩下俊三
岩崎貞明
池田龍夫
桂敬一
亀井淳
河野慎二
小中陽太郎
前坂俊之
仲築間卓蔵
梅田マサキ
丸山重威
歌川学
get_flash_player

このサイトは一部、Flashを使用しています。
上のバナーをクリックすると最新版の Adobe Flash Player をダウンロードすることができます。

 

2016年10月~

683 国会の〝総立ち拍手〟の裏に…… 16/10/02

684 樹木は生きている--伐採に反対する 16/10/05

685 日弁連の死刑制度廃止提案を考える① 16/10/08

686 日弁連の死刑制度廃止提案を考える② 16/10/10

687 日弁連の死刑制度廃止提案を考える③ 16/10/11

688 日弁連の死刑制度廃止提案を考える④ 16/10/12

689 日弁連の死刑制度廃止提案を考える⑤止 16/10/13

690 「原発事故同意書」、強制労働に抵触しないか 16/10/17

691 晩秋の尾瀬ヶ原① 16/10/18

692 晩秋の尾瀬ヶ原② 16/10/19

693 晩秋の尾瀬ヶ原③止 16/10/20

694 それでもつらい、大川小学校判決 16/10/26

 

2017年1月~

695 不透明の時代① 17/01/04

696 不透明の時代② 17/01/06

697 不透明の時代③ 17/01/09

698 不透明の時代④止 17/01/11

699 〝ポスト真実〟① 17/01/17

700 〝ポスト真実〟② 17/01/18

701 〝ポスト真実〟③止 17/01/19

702 正気の沙汰ではない 17/01/27

703 「一行」編94(2016年7月) 17/01/27

704 「一行」編95(2016年8月) 17/01/30

705 「一行」編96(2016年9月) 17/01/30

706 「一行」編97(2016年10月) 17/01/31

707 日本はどうなる? 「終末時計」 17/02/01

708 戦争と共謀罪① 17/02/02

709 戦争と共謀罪② 17/02/04

710 戦争と共謀罪③止 17/02/06

711 拝啓、石原慎太郎元東京都知事 様 17/02/08

712 アスペルガー症候群 17/02/09

713 なるほど「アッキード事件」 17/03/02

714 「生きていること」の大切さ 17/03/03

715 首相夫人は「公人」である 17/03/08

716 東日本大震災あれから6年 17/03/11

717 途切れた森友学園ナマ中継 17/03/11

718 塞ぎ始めたか? 17/03/12

719 去るも地獄、残るも地獄…… 17/03/18

720 豊洲はアウトだ! 17/03/19

721 古くから稀なるもの  17/04/16

722 韓国訪問レポート① 最高の案内人・植村隆さん   17/04/17

723 韓国訪問レポート② 記憶されない歴史は繰り返される  17/04/18

724 韓国訪問レポート③ アベさんを辞めさせてほしい    17/04/19

725 韓国訪問レポート④ 人権博物館と平和の碑(少女像) 17/04/20

726 韓国訪問レポート⑤ 改めて考えたい問題の根源 17/04/24

727 韓国訪問レポート⑥ ソウルあれこれ  17/04/25

728 責任の取り方、首相より復興相の辞任のほうが分かりやすい 17/04/26

729 「失言」はNGで「虚言」はOKなのか?  17/04/27

730 国道6号の第4回放射線量調査報告 17/04/30

731 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー①   17/05/02

732 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー②   17/05/03

733 祝・第88回メーデー――私の生い立ちとメーデー③  17/05/06

734 失言・虚言より悪質な言論封殺の首相発言   17/05/09

 

2018年1月~

735 再開しました   18/01/01

736 妹よ   18/01/02

737 元旦社説を読む①   18/01/03

738 元旦社説を読む②止   18/01/03

739 労働組合としての今年の課題①「働き方改革」    18/01/04

740 労働組合としての今年の課題②改憲問題1     18/01/05

741 労働組合としての今年の課題③改憲問題2    18/01/09

742 労働組合としての今年の課題④改憲問題3     18/01/10

743 労働組合としての今年の課題④改憲問題3     18/01/10

744 労働組合としての今年の課題⑤改憲問題4止      18/01/11

745 労働組合としての今年の課題⑥定年延長       18/01/12


水久保文明 (JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記) 

「ヘボやんの独り言」より転載

   

 

労働組合としての今年の課題⑥定年延長       18/01/12

 

 労働組合としての課題として次に、定年延長問題を考えたい。

 昨年11月に3大メガバンク(三菱UFJ、三井住友、みずほ)で「3.2万人減らし」が発表された。〝構造改革〟という名の人減らしだ。確かに、銀行はゼロ金利、マイナス金利のように厳しい環境にある。金利では食べていけないことから、手数料の増額や関連企業を通して不動産にまで手を伸ばしている。

 今度は本体そのものにメスを入れ、人減らしを行うというのだ。3.2万人という数は半端ではない。どういう方法をとるのか、そして銀行の業務はどうなるのか、興味はつきない。過日、ある争議団の解決を求めてその会社の筆頭株主の銀行に申し入れを行った。そのとき、この問題が話題になった。

 「首を切る、というようなことはしないでくださいよ」というこちらの要望に対して、対応した担当者は「そういうことは一切ありません。うちでは定年退職者の不補充でそれを行う予定にしています。ご心配はいりません」と断言した。なるほど、それはそれでいいだろう。しかし多くの企業は60歳定年制のままであり、年金をもらえる65歳までの再雇用はどうなっているのか、疑問だ。

 再雇用までを保証したうえでの「定年不補充」だったらまだいい。そうでなければ、60歳で放り出される人が続出することになる。へたをすれば派遣村ならぬ「定年村」さえ危惧する。若者の雇用と同時に、年金を支給されるまでの高齢者の雇用も重視する必要があると思う。

 そのためにどうするか、である。これははっきりしている。「定年延長」である。大企業も含めて多くの企業で定年は60歳になったままだ。これを法律で65歳にさせるべきだろう。現行は60歳で退職したときの再雇用制度を設けているだけで、それも企業の側が認めた人だけをその対象としている。これでは極めて不十分だ。

 雇用の安定は、働き始めたときから年金支給年齢まで保障すべきだ。いま、60歳から65歳までの人たちはある意味おびえている。再雇用にあたって、極端なところでは1ヶ月更新がある。長くても1年である。これでは雇用不安は拭えない。

 私自身はすでに70歳に達したのでその問題は〝クリア〟している。が、雇用問題を考えたとき、「65歳定年制」を実現すべきだ、と切に思う。



★脈絡のないきょうの一行
晴れ着詐欺「はれのひ」で賃金未払が発覚。これもひどい、許しがたいね。

 

 

 


 

 

このページの先頭へ